主な利点

Pivot3 HCIソリューションは、費用対効果とスケーラビリティを備えたSDDCのための、ポリシーベースの、モジュールベースの高性能基盤を提供します。 PICe NVMeのフラッシュを活用した分散型アーキテクチャ、特許取得済みEC、ポリシーベースQoSを使用して、組織は、混在したワークロードを予測可能かつコスト効率よく統合し、近代的な自動化と機動性の高いクラウドワークフローを可能にするシンプルでスケーラブルなソフトウェア定義基盤を構築できます。

加速されたパフォーマンス
 

競合するソリューションの最大6倍のパフォーマンス
 

インテリジェントな自動化によるシングルペイント・グラス管理。

高度な耐障害性とデータ保護により、ノードやコンポーネントの障害によるリスクを軽減します。

常時可用性

簡略化された管理

追加されたノードごとにストレージ、IO容量、帯域幅をシームレスにスケールアウトできます。

オンデマンドスケーラビリティ

ノードあたり最大3倍のVMを稼動させることで、密度を高めることができます。

フットプリントの削減

高度なQoSとNVMe IOアクセラレーションにより、複数の混合ワークロードを共通の共有HCIプラットフォームに統合することができます。

効果的な連結

 

ソフトウェア定義のデータセンター用の最新インフラストラクチャ

データセンターの近代化は、多くの企業にとって重要なITイニシアチブとなっています。データセンターの近代化は、サーバーの仮想化によるコストとフットプリントの削減を意味していました。現在、すべてのデータセンターのDNAに仮想化が確実に組み込まれており、日々の業務を実行するためにデジタル資産やITプロセスにますます依存する組織が増えているため、ITは戦略的なビジネス革新と成功につながっています。

データセンターを最新化することは、クラウドコンピューティング、シームレスなリモートおよびブランチオフィスオペレーション、ビジネスの継続性と災害復旧、データセンターの統合などのビジネスイニシアチブを通じて、より機敏で効率的であることを意味します。企業はSDDCのためのモジュラー型の業界標準インフラ基盤を提供するハイコンバージドインフラストラクチャ(HCI)を使用してデータセンターを近代化するソフトウェア定義データセンター(SDDC)アプローチを採用しています。 Pivot3は、すべてのデータセンターの近代化イニシアチブのための、高性能で拡張性とコスト効率の高いHCI基盤を提供します。

データセンターの近代化

エンドユーザーのメリット

クラウドコンピューティング

GoogleやAmazonなどのモデルのコスト優位性と機敏性を備えたプライベートクラウドを構築しますが、管理するインフラストラクチャではプライベートクラウドを構築します。

データセンターの統合

TCOを削減し、スペース、電力、冷却の要件を削減し、追加された各ノードとシームレスに拡張するHCIファーストのアプローチは少なくてすみます。

フレキシブルなモジュール式設計は、ストレージと計算を組み合わせてスケーラブルなインフラストラクチャにし、フットプリントを削減し、無停止の拡張を確実にし、すべてのROBOサイトの管理を集中化します。

リモートオフィスとブランチオフィス

価値創出の時間を短縮し、配備と管理を簡素化し、コストを削減し、DRインフラストラクチャの従来のアプローチに内在する限界を克服します。

事業継続と災害復旧

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now